文化庁メディア芸術祭にて


本日、国立新美術館(東京・六本木)で開催されているメディア芸術祭に行ってきました。平日(水曜日)にも関わらず、結構な人出でした。
作品は映像作品が多かったのですが、いくつかはyoutubeでも見られます。Naverまとめサイトで、いくつかの作品がまとめられてます。
ただし、展示物と同じではなく、抜粋や以前のバージョンが含まれますので、会場に近い人は現物を見るのをおすすめします。

アート部門の大賞を受賞した「Pendulum Choir」は現物の展示はなく、パフォーマンス映像でしたので、これは以下のyoutubeで十分かもしれません。

この作品は、9人のアカペラと18の油圧ジャッキで作られた、いわば「人間楽器」であり、人間をいろいろな方向に向きを変えることで音響効果を変化させるというもの。人間という楽器を扱うので、もはやアカペラではなくなっているというべきでしょうか。

入り口のすぐそばにいきなり、これ。なぜ、こんなところにゴミが捨てられているのかと驚きますが、実は『Species series』という作品。。。

個人的には他に『水道橋重工「KURATAS」』『はじめよう』『Oh Willy…』という作品が好きでした。それから『あさっての森』もたいへん楽しい内容でした。全体に、微笑ましい作品が多かったと思います。今週末(2/24)まで開催されています。